名古屋で開催された ヘイズ中村先生の占いライター養成上級講座に行ってきました





こんばんは。上空に行くと頭が冴えて仕事がはかどる、白川ことのです。


先に一言失礼します。
「受講した割に文章ビミョー」
は禁句でひとつお願いいたします。


上記があるので書こうか悩んでいる間に、一週間が経ってしまいました。


講師のヘイズ中村先生は、リアル魔女さんです。
初めてお会いする直前には、とても緊張しました。
対面後、普通に話しかけてくださって
「ひょえー。失礼なかったかな。大丈夫かな。」
と自分の中で何度も反芻してしまいました。

初対面の私にもとても良くしてくださり、とてもありがたかったです。


ヘイズ先生は魔女さんなだけでなく、
ライティングの事務所を経営されていらっしゃいます。
と、同時に
インターネット黎明期からかなりディープに色々と関わってこられた方です。


年代的に私よりも少し上の世代の方に、ディープに関わってこられた方が点在されています。
今あるネットが20年以上前どんなだったか、どうやって(特に国内で)爆発的に広がっていったか、何もおっしゃらないのですが膨大なものが頭に入っておられるのだろうと思います。


ひとこと言えるとすれば、そういった方々の深くて実戦に根ざした知見や見識は表に見えにくいです。
私たち、ちょっと下の世代はリアルにそれを見てきていて(特にネットに関連する仕事だったので)
「喧嘩は売るな」
が合言葉でした(笑)
ごめんなさいー。けして怖い先生ではありません。お話すごく面白いです。
今後ともよろしくお願いいたします。


占いライター講座は、7月に名古屋でスタートしました。
今回は上級、そして東京での開催と、席が早々に埋まる受講されたい方がとても多い分野です。
もちろん私もそのひとりです。


先日は、
占いライター養成上級講座 文章で生活する秘訣!
の受講でした。


内容は、ほぼ全てが現実に役に立つものです。
いただいた資料は、今すぐ頭に叩き込んでおくべきものばかりでした。
細かい内容は、是非受講をお勧めします!


特に印象に残ったのは、
占いのライティングは、占いだけが出来ればいいものではなかったことです。
仕事を受注する、個人事業主と捉えておいて間違いなさそうです。

提出するクオリティのことはもちろんありますが、
・締め切り
・連絡・相談・報告(順番変えは敢えてです)
・付随業務
・質問力、理解力を含めたコミュニケーション力
これらが当たり前にできることが求められている
と改めて気を引き締めることになりました。


それから、演習の時間に面食らう方が初めは多いかもしれません。
自分で書いた文章や、話した言葉の添削をその場で受けることは、
優しい言葉であったとしても、
慣れないと自意識と切り離して客観的に見ることがなかなか難しくて、
初めはすごく恥ずかしかったり、思うようにいかなくて歯がゆかったりするかもしれません。

私自身はネットや通販の業界で、作成したメールの文面や通話中の言葉について添削をたくさん受けてきたので、極端な感じ方はしなくなりました(最初は悔しかったし、恥ずかしかったです)。
それは「文章がうまくなった」ということではありません。
足りないところは勉強していけばいい。そんな感じで捉えています。

それよりも魔女さんでもあるヘイズ先生に添削してもらえる、特別な機会だな
と思いました。

あともうひとつ。
占いをなさっていらっしゃる方は、文章を書くことで対面鑑定でお客様に対してお届けする言葉に明らかな変化が出ると思いますよ。

ヘイズ中村先生、ご一緒させていただいた皆さま、ありがとうございました。



コメント

このブログの人気の投稿

鑑定のご案内

私が禁煙できたワケ

ブログの移管と内容修正の作業中です