投稿

11月, 2016の投稿を表示しています

12/10土曜日は、霊能者ハヌルさんの「透視能力開発講座・初級編」福岡初開催です!

イメージ
本当に透視能力は、誰にでもある?

何か感じたりみえたりするものはいったい何なんだろう、検証する方法は?

あなたの透視能力のタイプは?


そんなふうに思ったことはありませんか?




東京・名古屋でもキャンセル待ちが続出し追加講座が開催されている、霊能者でスピリチュアルカウンセラーの火水ハヌル(ひみつ はぬるTwitter : @hanuru_ )さんの
「透視能力開発講座・初級編」がいよいよ福岡でも開催です!待望の西日本初開催となりました。
透視のことを知るのはもちろん、実習の時間も多くありご自分でご自身の能力を確認していくことができる講座内容となっています。
普段、国内はもちろん台湾と日本を飛び回っているご多忙なハヌル氏のお話を伺える、貴重な機会でもあります。ぜひこのチャンスをお見逃しなく!

ハヌルさんは元々高い霊的能力をお持ちで、さらにそのスキルを磨かれ、相談を受けるようになって25年を超えるベテランの霊能者でいらっしゃいます。岐阜と台湾の高雄に拠点を持たれ、世界中からの霊視・カウンセリングの依頼を受けていらっしゃいます。


どんな風にご紹介しようかと悩んだのですが、だってすごいんです!すごいし!となっちゃいそうなのをそのまま書くわけにもいかず、私の体験を少し書かせてくださいね。

私、白川自身が最初にオーラリーディングの手法を習ったのは10年前。
エンパス(共感能力者)という言葉が広がるきっかけの著書を出された、ローズ・ローズトゥリーさんの講座でした。
ほぼ自分の中、個人的なことにだけに使ってきた直観や直感を活かすきっかけをもらいました。
比べるのではありませんが、個性というか特性の点でみると、 ハヌルさんの講座では、みたり感じたものの検証方法を教わることが大きいかなと思いました。 安全な方法というのはもちろんのこと、誰かからのお墨付きや伝授される資格、とは全く違っていました。
そんなことから、占いやいわゆるこの業界に関わる方はもちろん、そうでない方にも是非お勧めの講座なんです。
占いや霊能の方々、ヒーラーやアーティストさん以外の身近な方で、直観、直感、を否定せず使っているのは、
研究者さんやコンピュータのシステム設計、それから肉眼ではみえないミクロな製品を設計される方々です。
ちょっと意外かもしれません。 それを実験して検証して、製品やシステムという形にしていく方が多い…