ビリーフを変える




相変わらず、神聖幾何学図形にハマっております白川です。

その感覚は例えば
「今日は絶対カレー。口がカレー。どうしてもカレー。」
そんな日と似ています。

今日はカレーです(笑) しかもお土産で(驚)







糸のことだけでなく、昨日は

人間は、生き物は身体の寿命がある これは今の所絶対

余計な荷物や、今は必要無くなった信念体系は棚卸しの時 





と書きました。


当たり前じゃないのですよね。
日常の中で忘れてしまうこともあるのだけれど。


きみまろさんも言ってましたね。
人間は致死率100%
あれを思い出して、メッセージを受け取りつつちょっと吹きました。

でも、話したい人とは万難を排して話すタイミングです。






Facebook の方の投稿には、

白川は、今やっていることをちゃんと終わらせる時 

そして、ビリーフチェンジの時 

皆様は如何ですか?

と書きました。



ビリーフ 信念 をチェンジする。



例えば私には、

ここが安心できない
ここにいると酷い目に遭う

というビリーフがあります。



今よりももっとずっと強いビリーフが以前はあって、その根っこになっているのが上記2つでした。

一枚一枚玉ねぎの皮を剥くように、心の奥の方に向かっていきました。




ビリーフには、その人の中でそれが「絶対」と強固になるような経験があります。

白川の場合は

子供の頃に誘拐されかかったり
東京で就職した時に、特定の地域の出身者複数に何度か酷い目に遭わされたり
「生意気だ」という理由で強姦されかかったり
見知らぬ人に追いかけられたり、そのうちの一人に「次に会ったら殺す」
と言われた経験が、基の思いを強化しています。

もともと神経質で、活発なのに病弱な子供時代を送ったために
「(病状など)大げさに物事を言う」
という母からの決めつけが重なり

「怖い思い、痛い思い、酷い思いは誰にも理解されない」

というビリーフも育てていきました。





ちなみに上記のような問題にぶち当たったら声をあげて、
周囲の人も、行政も、警察も巻き込みましょう。
大げさ上等です。

「次に会ったら殺す」の件は、のちに不特定多数に同様の被害があり、
希望の人には防犯ブザーを貸し出します というお知らせが出たり、
巡回が増えたりしたのです。

自分だけの問題ではないかもしれない。
それも踏まえて声をあげましょう。
声を上げていいんです。

そして「大げさだ」と言う人の声は1秒も聞く必要はありません。






ビリーフが少しずつ変わっていったのは
スピリチュアルな事柄ではなく

アサーティブコミュニケーション

でした。


アサーティブとは主張すること
自分の気持ちを言葉にすることです。

でもそれはゴリゴリテクニカルなコミュニケーションツールや、
ポジティブシンキングのようなものではありません。


自分の気持ちを例えばこんな風に伝えます。

前)なんで約束を守ってくれないの!?

今)あなたが約束を守ってくれなくて、私は残念だしとても悲しい。


可能なら「何故か」も伝えます。


アサーティブコミュニケーションでは、こうやって心情を伝えることでお互いのモヤモヤをなくしていくことができます。

またそれだけでなく、これを取り入れると
自分が抱えたのは、約束を守ってくれない怒りの気持ち
でも実は、底に残念さや悲しい気持ちなど別の気持ちがあることに気づきます。

表に出てきた感情の底に何があるのか、可視化しやすくなります。


なぜ残念なのか悲しいのか

自分の言葉が相手に届かないから
自分の言葉をないがしろにされたから
自分の思いをわかってくれないから
相手の態度に失望したから
相手が自分を大切にしてくれないと感じるから


それを見つめていくのに使っています。


ただ、自分の気持ちは表明はしますが押し付けません。
というより、押し付けられません。

どんな結果が相手から返ってくるか、先読みせず伝えます。
正直な気持ちを話すとは、結構怖いものでした。

これをすると怒り出す相手もいますが、それはお相手のビリーフの問題です。

そしていざやってみると、もちろん全員にではないけれど
受け止めてほしいことを受け止めてもらえることが増えていきました。







更にアサーティブコミュニケーションによってわかったのは、

上記に出てきた「大げさ」と私を決めつけた母が、

自分の本当の思いを言葉にすることを諦めてしまった人なのだ

内側に言葉を押し込めて増幅させて、いつもいっぱいいっぱいなのだ = 内圧の高い人

子供の言葉でも受け止められなかったのだ

ということでした。





発する言葉に気をつけると、自分が逆に変わります。

自分の直感にも気づきやすくなります。




続きはまた今度に。



伯明 白川ことの 鑑定申し込み・お問い合わせ先


ご提供中のセッション

スピリチュアルカウンセリング
ビジョンリーディング
オーラリーディング
カードリーディング(タロット・ルノルマン・オラクルカード)
音叉ヒーリング
エネルギー調整
各種ご相談

対面鑑定 警固交差点そば黒猫屋珈琲店での鑑定
 スケジュールやお席のご予約確認のため、鑑定ご希望日2日前18:00までにご連絡をお願いいたします

スピリチュアルカウンセリング
12,000円/60分
リーディングセッション
 タロット・ルノルマン・オラクルカード オーラの各リーディング
 40分5,000円 以降10分ごとに1,000円

対面鑑定
急な鑑定御依頼については、福岡市内のカフェ・ラウンジにて承ります

遠隔鑑定
ビジョンリーディング
 ご相談1回につき3,000円

メールリーディング 総合鑑定
  モデルケース
 問合せ→ご案内→ご相談→内容についてお問合せ→ご回答→鑑定内容送付→結果に対するご質問→ご回答
要事前お振り込み(入金確認後鑑定開始)
 ご相談1回につき3,000円

対面セッション 大濠公園近くのセッションルームにて(ご紹介の方のみ)
フルセッション
 スピリチュアルカウンセリング、リーディング、ヒーリング
15,000円/60分
ヒーリングセッション
 音叉ヒーリング、エネルギー調整、ヘッドマッサージなど
8,000円/60分

コメント

このブログの人気の投稿

鑑定のご案内

私が禁煙できたワケ

ブログの移管と内容修正の作業中です