これを龍と呼ぶのかもしれない と思った日-昔話





こんにちは。
7月いっぱい、久しぶりにエネルギーワークを受けさせていただいたり、神様ごとをさせていただきました、白川です。

セッションの予定がイレギュラーになり、お問い合わせいただいた方、お申込みいただいた方、またブログやSNS等をご覧いただいている方、大変申し訳ございませんでした。

今後活動を続けていくため、クオリティを上げるため、色々溜め込んでしまっていたために、必要なリセットやクリアリングでした。

ワーク中から終了後にかけ、発熱(おそらく知恵熱)やおそろしく眠り続けるなど色々起こりました。この辺りは平常運転なのでご心配なく。

より曇りなき受信体でいられるよう精進いたすのも、私のエゴ入ってるかもなあ
なんてことも思いつつ、これからも努めてまいります。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。



最近、龍や龍神様に関することを目や耳にすることが増えて、自分で感じている存在との大きな差に、かえって龍とはどんな存在なのか、わけが分からなくなっておりました。

いつから龍や龍神様は、自己実現や幸せなどの引き寄せの手段になったのでしょう。

見聞きするなかで、特に具体化されたもののほとんどは「これじゃない」「イヤイヤ感(笑)」が止められずにおります。

これじゃない、と言えるということは具体化したイメージがありそうですが、そうでもないのです。
美術品と言えるものに関しては何も感じないので、美意識的にNGなのかもしれない
という可能性もありつつ読んでいただけたら幸いです。



私にとって龍や龍神様は形をとっていないのです。
たぶんそう、というエネルギーを感じるのみです。


そして必ず、「吹けば飛んじゃう自分の命」ということを実感するときに感じるのです。


レーザービームのような視線を受けることもあります。


不思議とワークやスピリチュアルなことではなく、大自然の中に意識的に放り出されたときに、それはやってきました。


今回初めて、古神道矢加部先生の元で龍神ワークに参加させていただき、
私の感じ方もそれはそれで間違いではないのだな、と納得することができました。

ありがとうございました。






初めてそれに出会ったのは


昔々、スポーティでボーイッシュで良い子で暴れん坊だった二十代の初め、
真夏に突然思いつき、ひとりカヌーの講習に行ったときのことです。

場所は山の中。
某霊山麓のダム湖。
標高は約400m。

一人に一台、一人乗りカヤックでの講習でした。

大きくでも波立たないダム湖は穏やかで
水面よりも低い位置に腰を下ろすことになるカヤックから見ると、
湖面はさらにキラキラで目の前をトンボがたくさん飛んでいました。

最初はおっかなびっくりでも、自転車よりも短い時間で乗れるようになっていきます。

内部で踏ん張るカヤックのバランスの取り方、無理しなくても進むパドルの使い方など
やっと慣れてきた頃、気付いて振り向いたら集団から50m以上離れていました。

講習の集団に背を向けると、湖面を渡る風の音と遠くの岸から聞こえる葉擦れの音以外が消えてしまう位置でした。

シンとしています。(シンと言うとき、シンという音があるかないかでまた違うんだそう)
私一人に対して空も山もダム湖も大きすぎて、不安なのと同時にあんなに美しく気持ちの良い瞬間は今まで数度しか体験したことがありません。



しばらくすると山の方からゴゴーッ!という音がしました。
見ると岸近くの木の枝が、晴天なのに見たことがないほど揺れています。
ヤバイ!
と思いました。

その風は山の斜面を下り、湖面を渡ってきました。
その風はとても範囲が狭く、長さがありました。

それは私の横を通り過ぎ、湖面の途中で上昇したかのように消えました。
どうも曲がりながら動くように吹いていました。

波を受け水面の木の葉のようにカヤックごと翻弄されました。
側面から直撃したら沈していただろうと思います。
リカバリー練習もしていなかったのに。

その後落ち着きトンボも湖面に戻ってきた頃、
昔の人はこれを龍と呼んだのかもしれない
と思ったのです。



また、ひとり冬のスキー場で吹雪に巻かれて何も見えなくなったときは、
吹き付ける風雪のその先から、こちらを見下ろす圧倒的な何かを感じました。

上下左右がわからないほどのホワイトアウト。
マイナス10度以下の気温。
標高1500m。
風に押されてそのまま転がっていたらどうなっていたかわかりません。

どちらも、自分のコントロールを超えています。
その時に感じたのが、畏怖であり畏敬の念だったのだと思っています。

あれに比べてしまったら、私は本当に木の葉1枚以下の質量しかありません。

無条件に魂がすくむのです。
蛇に睨まれたカエルどころではありませんでした。

笑う他ないほど、自分の命に対する諦観がくるのです。


簡単に命を持って行かれそうだと体感しているので
現世利益をお願いするのがはばかられます。

そういう圧倒的なものを、日本人は元々敬い、荒ぶる時には鎮まるよう祈り、祭事で慰撫してきたのだなあと腑に落ちた出来事でした。


龍や龍神様は心底こわいと思うのです。
あなたはどんな風に感じますか?


8月は旧盆期間中も、鑑定を承ります。
よろしくお願い申し上げます。




伯明 白川ことの 鑑定申し込み・お問い合わせ先


ご提供中のセッション

スピリチュアルカウンセリング
ビジョンリーディング
オーラリーディング
カードリーディング(タロット・ルノルマン・オラクルカード)
音叉ヒーリング
エネルギー調整
各種ご相談

対面鑑定 警固交差点そば黒猫屋珈琲店での鑑定
 スケジュールやお席のご予約確認のため、鑑定ご希望日2日前18:00までにご連絡をお願いいたします

スピリチュアルカウンセリング
12,000円/60分
リーディングセッション
 タロット・ルノルマン・オラクルカード オーラの各リーディング
 40分5,000円 以降10分ごとに1,000円

対面鑑定
急な鑑定御依頼については、福岡市内のカフェ・ラウンジにて承ります

遠隔鑑定
ビジョンリーディング
 ご相談1回につき3,000円

メールリーディング 総合鑑定
  モデルケース
 問合せ→ご案内→ご相談→内容についてお問合せ→ご回答→鑑定内容送付→結果に対するご質問→ご回答
要事前お振り込み(入金確認後鑑定開始)
 ご相談1回につき3,000円

対面セッション 大濠公園近くのセッションルームにて(ご紹介の方のみ)
フルセッション
 スピリチュアルカウンセリング、リーディング、ヒーリング
15,000円/60分
ヒーリングセッション
 音叉ヒーリング、エネルギー調整、ヘッドマッサージなど
8,000円/60分

コメント

このブログの人気の投稿

鑑定のご案内

私が禁煙できたワケ

ブログの移管と内容修正の作業中です