ザ・シフト



こんばんは、白川です。


いきなりですが、先日残念ながら頓挫してしまったことがありました。

私ひとりでどうにかなることではなかったため致し方ないのですが、

話し合った相手の方が明らかに犠牲を望んでいるとキャッチしました。

それで譲歩はせず、

「お時間をいただき、ありがとうございました」

とマナー通りな言葉で帰ってきました。

望んでいたことだったのに叶わなかったことから、ちょっと凹むのだろうか?

なんて思っていたのもつかの間、

空を見上げたら、明らかに普段よりキラキラしてるんです。

周囲を見回してみても、「何なんだろう」と訳がわからないほど色が綺麗なんです。

ハッとしました。
直観的に、「私は人生の別のレールに乗り換えた」
という言葉が浮かんだからです。

これはもうブログに書いておこう!書かなくては! と思ったんです(笑)



結果オーライを自分で選べた
だから先のマスが変わる
ということのような気がします。








実は、こういう感覚は初めてではありません。

前にも少し書いたことがあると思います。



ある時突然、普段見ている景色が「楽園なのか?」
と思うほど綺麗になったんです。

それは今回よりも更にヴィヴィッドで、自分の中で全ての色の定義を変えなければならないほど衝撃を受けました。

今まで見ていた空は もう空ではないし、
今まで見ていた花は もう花ではない。

それくらい全く違うものになりました。

その変化は寝たきりになり
もうどうしたらよいか分からない
万策尽きた

という精神状態の時に起こりました。

それを見てのち、私は気力も体力も徐々に取り戻していったのです。

原因のわからないまま回復して、お仕事復帰が叶ったのです。


不思議なことに、以前霊視してくださった方からもそのことを指摘されました。

人生において大きな出来事だったようです。


でも、それが何だったのかは分からないままでした。
そして忘れてしまっていました。


それが今年、ひょんなきっかけから再度そのことが浮かび上がってきたのです。

「ザ・シフト」の上映会でのことでした。

ここに出てくるのは ウェイン・W・ダイアー博士


以前読んだことのある
「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法
言い訳」をやめるといいことがたくさん起こる!―「思い」と「言葉」が人生をつくる 
の作者の方でした。




その、
突然周囲の景色が24色から720色になったような
昔のガラケーの1セグから4k映像になったような
アナログ回線から光回線になったようなビジョンの変化は、

シフト

と言うのだそうです。

悟りとは違うという感覚がありますが、
何かに対して一段開眼した
ということなのかもしれません。

誰にでも起こること

そして
一度ではなく、人生の中で何度も起こること

といったこともこの映画の中では語られます。

ウェイン・W・ダイアー博士はとても静かで穏やかで決然としています。

心がざわざわする時
くじけそうな時
先が見えちゃったと感じた時


声を聞くだけでも心が落ち着いてきます。

よかったら見てみてください。



伯明 白川ことの 鑑定申し込み・お問い合わせ先


友だち追加


ご提供中のセッション

サイキックリーディング
ビジョンリーディング(ココナラにて)
スピリチュアルカウンセリング
カードリーディング(霊視タロット・ルノルマン・オラクルカード)
音叉ヒーリング
エネルギー調整
各種ご相談

詳しくはこちらからご覧ください→鑑定のご案内

コメント

このブログの人気の投稿

鑑定のご案内

私が禁煙できたワケ

ブログの移管と内容修正の作業中です